コントラスト効果

こっちには手がでないけど、こっちは買いやすいわ!

複数のモノやサービスが対比されていると、その中で一番低価格なものを「安い」と感じる心理効果をコントラスト効果(対比効果)といいます。
例えば、

  • 松:3000円
  • 竹:2500円
  • 梅:1500円

というラインナップがあるとき、松とのコントラスト効果で竹も視野に入ります。この場合、売り手の本音としては竹が最も利幅の取れる目玉商品ということが多いのではないでしょうか。商品特性にもよりますが、あまり低価格過ぎると品質に対する信頼が落ち、お得感が損なわれるという現象が発生します。そこで竹クラスの商品を売るために、あえて松を設定して竹を注文しやすくするのです。数は出なくてもフラッグシップとなる松の存在が、サービスのブランド価値自体を向上させ、○○ブランドの商品を購入したという満足感を与えることも期待できます。

どう使う?

  • 5000円コースは商品のみ、1万円コースは、メール・電話でのサポート付き!(5000円コースを売りたいのが本音)
  • ラインナップにあえて見せ玉としてのフラッグシップ商品を用意しよう。
  • このDVDは、参加費○○万円のセミナーを収録したものです。