視線解析

目は口ほどのものを言う!

人は、次のように視線や意識が向きます。

  • 上   視覚に意識を集中したとき
  • 真ん中 聴覚に意識を集中したとき
  • 下   体全体で感じようとするとき
  • 左   過去を思い出そうとするとき
  • 右   未来のことを想像しようとするとき

これを利用すると、例えばWebサイトの訪問者に対して、違和感のない配置をすることが出来ます。ストループ効果も併せて参照してください。また、これらの五感を取り込んだ文章で、商品の効果を想起させる手法も考えられます。

どう使う?

  • 戻るボタンは左に、進むボタンは右に。
  • before(左)→after(右)
  • 「過去に○○に悩んだあなたが、この商品で美しくなり、羨望のまなざしを浴びる!」(五感に訴える)
  • 「まったくモテなかった彼が、たくましくなり、黄色い声援を浴びるようになったそのワケとは!」(五感に訴える)