カクテルパーティー効果

私に必要なものはこれなのよ!

カクテルパーティーのように、たくさんの人がそれぞれに雑談しているなかでも、自分が興味のある人の会話、自分の名前などは、自然と聞き取ることができます。このように、人間が音を処理して有用な情報だけを取得できることを、カクテルパーティー効果といいます。選択的注意とも。

逆に、騒がしいとことでボイスレコーダーで録音した音声を、あとで聞いてみたら何が何だか分からなかった、という経験はありませんか?機会には、必要な情報を取捨選択する力がないのですね。
カクテルパーティー効果は、人と人との関係の構築にも活用できると言われています。例えば、会話の中でできるだけその人の名前を呼ぶだけでも、無意識のうちに相手の注意が向き、注意の向いた情報を自分にとって有用な情報だと印象づけられるのだとか。また、名前の分からない相手に対しても、願望を見抜くような語りかけをすることで、これこそ自分が求めていたものだ、と思わせることができます。

どう使う?

  • 案内状などを送付するとき、名前や属性を踏まえて一人一人に特化した形を工夫しよう。
  • 10年のお付き合いをさせていただいている○○様へ、特別のお知らせ。
  • ○○歳を迎えられる○○様、御誕生日おめでとうございます。
  • いままでいろんな方法を試したけど、どれも失敗してしまったという、そこのあなた。
  • あと○週間の間に、○○○を達成したい、そこのあなた!