マジカルナンバー7±2

不思議な数字7。覚えられるのは7つまで?

「マジカルナンバー7±2」は、ジョージ・ミラーというアメリカ合衆国の心理学者が書いた論文のタイトルです。日常において、一度聞いたことを直後に再生するような場合、記憶できるのは7個前後になるということが示されました。数字も人の名前も同じで、個人差により2つくらいの差があるようです。

円周率を詳しく覚えている人でも、3.141592…くらいまでの人が多いですよね。人の記憶は7つくらいまでは容易で、それより多くなると難しくなるということです。
お客さんに内容を把握してもらうためには、7か条以内にまとめる、Webサイトならメニューを7つ以内にする、カテゴリが多数に分かれすぎてしまうようなら7つ以下に整理し直す、それが難しいなら7つ以内の大カテゴリを作ってそれらの仲に所属させる…などの工夫で、商品やサイトを一覧できるように工夫しましょう。

どう使う?

  • アピールポイントは7か条以下に!
  • メニューやカテゴリは大きく7つ以下の分類になるように工夫しよう!